きちんと余裕を持った生活を

先日のこと、用事があり、隣の県に高速道路を取っていくことになりました。ガソリン代と高速代はカードで支払うことにして、食事や施設利用料などの予算として考えたのは、「1万円程度」。しかし、終わってみれば掛かった費用は1万5千円。予想外に大きい出費となってしまいました。たかが5千円、されど5千円必要だったお金なので払うこと自体には問題はないのですが、やはり予算を越えると、それ以降の生活に響くのがつらいところです
お給料日までは、いまの時点で「あと14日」。まだ給料が出てから、半分ほどしか日が出ていません。
今月はかなり苦労しそうです。次の給料、次のボーナスまでは。まだまだ長い道のりです。
先のことを考えると、ちょっとめまいがしそうですが、がんばるしかありません。毎月がんばってやりくりしているのですが、やはり予想を越えた出費は発生してしまいます。多少の臨時出費にも負けない強い家計を作りたいのですが、今のところ、とてもそういう状況にはなっていません。しかし生活費の中で、むだに出費しているものは、探せば必ずあるはずです。少しずつ見直しをすることで、無駄を省き、きちんと余裕を持った生活をしたいものです。
キレイ・デ・ボーテ フレッシュソープ

悲嘆にくれる心

私はどれだけ今悲嘆に暮れていることかと思います。そのくらい私の区長は今悲しみに満ちているらしく。
それで私の言葉がとても大和言葉と言いますか、歴史的仮名遣いまで登場してしまったのはびっくりです。
何回も言いますが今度さいたま新都心で x japanの映画の上映会があります。そこにお嫁さ続きを読む →

苦しい生活の中身

あまりにも生活が苦しすぎるようになったらこれは今障害年金で暮らしていますが。障害年金で暮らしているよりも。

もしかしたらもっと生活保護の方が医療費がかからない家賃が出してもらえるということで。そっちの方に切り替えるかもしれません。。

でも今のままでは審査を通らないので。一体どうしたもんかと思って悩み果てています・私と嫁さんのそれぞれの障害年金の額の方が、生活保護の受給額よりも高いのです。 キャッシング 即日キャッシングのことで頭がいっぱい

 

本当に障害年金で暮らしているのと生活保護で暮らしているのと、どっちの方が暮らしが良いのか私はよく分かりません。とにかく今の私の障害の等級が2級お嫁さんの東急もに急なのですが、本当は私たちは特に私はこんなに障害が重くなってしまって、もしかしたら1級なのではないかなと自分で思います。ラピットサイクラーなんじゃないかなと思うのです 。

 

そしたら1級の認定審査を受けて認定を受けたいなと思っています。そしたら障害年金の額ももっと増えるのです。そしたら生活保護に頼らなくてもやっていけるんじゃないかなと思います

キャッシングのことで頭がいっぱい

キャッシングのことで頭がいっぱいです。どうして飼ってるとさっき リボ払いをコツコツ返済していくよりも、一旦キャッシングとカードローンでお金を借りてそれで一旦全部リボ払いの方全額一括払いで返済してしまう。

 

そっちの方がカードローンの方がずっとずっと君が安いということがわかりました。いったいこれから先18%物金利高いものすごく馬鹿みたいに高い金利を何年もかかって、何十万円も利息に払うなんて本当にとてつもない馬鹿下ていることだと言うに思わされました。キャッシング 即日

 

それよりはキャッシングはしてカードローンで払っていく方がよっぽど金利が安いのでどうしようかと思っていま、本当に迷っています。リボ払いはものすごく馬鹿みたいにお金がもったいないのです。利息だけで何十万も払わなければならない。そんなとんでもないことが私の身に現実として降りかかってきています。いったいどうしたらいいでしょうか。カードローンでお金を借りてそれを3月月返済してきた方が利息が安いと思います。

光が少ない所では光量が不足して見辛くなりますが…。

難聴とともに出現することが多いとされる耳鳴りは、当の本人にしか聞こえないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のようにその人に加えて他の人にも、精度の高いマイクをあてたりすると聞くことができる「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
質実剛健、食べ過ぎないこと、自分に合った運動やスポーツなど、かなり前より提言されてきた健康に対する愛情がからだ全体の老化防止にも深い関続きを読む →

南スーダンの情勢

安倍政権はついに南スーダン pko に派兵始める
日常舞台に対し駆けつけ警護の新しい任務を与えることを閣議決定してしまいました
駆けつけ警護とは何か政府は次のように説明しています
南砂に滞在する日本人を守るためまた、他の国の軍隊の変死体を対象にすることが想定されない謎としています
しかし南スーダンの情勢とかあるいは政府の説明に照らしてみても、駆けつけ警護によって自衛隊が殺し殺される事態に巻き込まれ危険性は明らかです
なぜ政府は自衛隊に駆けつけ警護のにも与えたのでしょうか
なぜその必要があるとされているのでしょうか
戦争法の一環である海底 pko法があります
そこでは駆けつけ警護について pko や国際救助活動救援活動などを行う活動関係者を保護することとされています
pko部隊の他国軍兵士や ngo 関係者などが襲撃された際、自衛隊が武器を持って現場に駆けつけて救助するというのが、駆けつけ警護の任務です
ここでは日本人だけを警護するなどという間停はどこにもないのです
なぜわざわざ他の国に行きてなぜわざわざ他の国の人を守るために、なぜわざわざ武器を持っていくのでしょうか
明らかにアメリカと同じ戦争に足を踏み込んだと本当にその通りなんです 

日本は戦力不保持戦争放棄の国と言えない

自衛隊になぜ武器を使うことを認めてしまっているのでしょうか
そこには一体どんな人があるのでしょうか
何故自民党政治は武器商人ばかりを重んじているのでしょうか
明らかに背後には武器商人がいると思われます
人殺しの好きを大量に自衛隊に購買させようとしています
軍事費はどんどん膨れ上がり大学研究者が賃貸の設備を、どんどんどんどん解約しようとしています
どんどんどんどん工学部なので軍隊の軍事費の研究がどんどんどんどんされています
もはや日本は戦力不保持戦争放棄の国と言えない状態になっています
私はこんな日本に生まれて本当に全く安心していられません
社会保障の不正日だけではなくても戦争に突入してしまったら、幼い頃持っていた恐れが現実のものとなってしまいます
戦争だけは嫌だ戦争だけ恐ろしい本当に怖い怖いと思っていた
その恐れがその気持ちが現実のものとなってしまいます
南スーダンでは実際に武力による対立が深刻になり、2016年7月には1の島で大規模な戦争が起こってしまっています
 

市川海老蔵さん

今日私はかなり調子が悪いのでいつものようにスラスラと仕事をすることができません
それでそれでもやっぱりこうやってお仕事をさせて頂いて、お金が発生してるって言うのは心の底からありがたいと思っています
私は昨日アフィリエイトという仕事について少し始めて調べました
それでわかったのは私の仕事はブロガーというものらしいです
お仕事を 繰り返します
市川海老蔵さんのブログを書いていて、その収益は年間で数千万円に昇るだろうということでした
奥さんの小林麻央さんは今癌の闘病中です
かなり本当に毎日頑張っています
頑張っているという方も失礼ですが、本当に命がけで一生懸命奮闘していますかと戦っていらっしゃいます
しかし癌の治療剤だけでそれだけで多分数千万円かかるということらしいです
その治療費用捻出するのもなかなか大変なんだそうです
なぜならばお父さんが市川団十郎さんが亡くなられた時に、
それはそれはものすごい借金を残して行かれたんだそうです
腕輪市川海老蔵さんの母方の親戚に借金をしてその保証人になってしまったのです
司会団十郎山に日があったのではなくて、市川海老蔵さんに芯があったのではなくても写真があったとすれば、親戚の保証人になってしまったことがミスだと言えます 

ブロガーの仕事

私のこの仕事は在宅ライターと様には豊川なのだとわかりました
ブロガーの仕事はなかなか単価がやっぱり低いようです
だけど私の仕事とゆうこブログは何を書いてもいいので、480円ってのはまあ普通と行きますかありがたい値段なんだなぁということがわかりました
間違えました
80円というのは400字書いて80円てのは割と普通と言うかありがたいんことなんだなと思いました
どうしてかと言うと私は 本当に好きなことばかり書いているからです
しかも文章にきちんとした法則性はありません
私は本当に好きなことを好きなように書いているのはです
本当に好きなことばかり書いているからです
明日も文章にきちんとした法則性はありません
私は本当に好きなことを好きなように書いているママです
病気の事だったりお金がなくて辛いとかそれから本当にひどい時は死にたいとか
そんなことばかり書いています
それでも参加どうして何を書いても80円発生するというのは本当にありがたいことです
以上に感謝しています
私は障害年金とこの仕事でずっと一緒を食べて行きたいなと思っています 

嫁との喧嘩

少し梅さんに今不満を持ってしまいました
どうしてかと言うと家事をしてくれるだけで本当にありがたいとやっぱり行ってもらってないなということです
このことは明日お嫁さんが起きたらぜひ行ってもらいたいと思っています
言ってもらえるように私からお願いしたりまた注意したりしたいと思います
私は今お嫁さんが生きているだけでそれだけで本当にありがたいと思っています
だから嫁さんに対してこれ以上
避難したり責めたり怒ったりはしたくありません
どっちが強いとやっぱり今まで怒りすぎたり、責めすぎてありひなしすぎたり
そんなことばかり切れたりそんな事ばかり繰り返してきたからです
せっかく今仲良しでいられるのだから言い方ってものを気をつけようと思っています
家事をしている事に対してもっと感謝をしてほしいということを、もっと柔らかくお嫁さんの立場に立って嫁さんのメンツが立つように話していきたいと思っています
そうやって折り合いをつけます